銀座HINA矯正歯科

すべての女性のためにより美しく、より安全に。

院長ブログ

院長のプライベートの出来事や考えていること、医療に対する想いなどを気ままに書き綴っています。


餅は餅屋・・・専門とは・・・2017.05.10

先人たちの言葉には、ことわざや迷信、言い伝えなど興味深いものが多くあります。
それは、何かしらの意味で現代でも通ずることがあると思います。

世の中にはいろいろな専門分野があります。
自分たちの職業、単純にサラリーマンやOLといっても、
それぞれの会社に金融や建設などの分野があり、やっている内容は会社ごとに違います。
当たり前の様ですが、これをもう少し小さい視野で見てみても、同じ会社でも部署ごとに更に、分担がなされています。
「これはここの管轄ではないから、他にお願いをして」と言うようなことはよくある話です。

これを広い意味で「専門」と言います。

家電量販店のビックカメラでさえ、テレビ・洗濯機・エアコンなど製品ごとに係の人が決まっており、より詳しい説明が聞けます。
では、「歯科」という分野に置き換えてみましょう。
会社を歯科とするならば、部署が矯正・口腔外科・小児歯科などがそれにあたります。
もしも矯正治療をするならどこですればよいのでしょうか?
近所の歯科医院にはよく看板に一般歯科・小児歯科・歯周病、審美歯科、予防歯科、インプラントなど
様々な表記の中に矯正歯科も当然の様に入っています。

ここで、あれ???っと思ってほしいんです。

矯正治療には大学を出た後に、その習得にかなりの時間をかけて勉強し、技術を身につける必要がある分野であるということを。

もしも、心臓が悪ければ、はじめは総合のクリニックで診てもらったとしても、
しっかり見てもらうためには心臓の専門医に治療してもらうと思います。
お医者さんでも、眼科医に心臓手術は任せませんし、そこは分担、専門分野があるということです。

要するに、矯正治療を専門の歯科医以外に任せて、いい治療が受けられるはずがないということです。

専門のクリニックがあるということは、その分野において、考えていることや費やしている時間、
それにまつわる問題への遭遇とその対処、経験値が全く違うということです。
それを考えると、月に1、2回しか来ないバイトの矯正医も注意が必要です。
よくカウンセリングに来られた方から「クリニックによって言われることが違う」という意見があります。
何が正しいのかわからないと・・・。そんな時は経験を積んだ専門の人に意見を求めるのが正解ですよね。

最後に「裏側矯正治療は矯正の中でも、更に専門性が高い分野であり、専門のクリニックで行うことに間違いがない」ということです。

「なんでも屋」は広く浅く、「専門家」は狭く深くです。

可不可2017.01.06

為せば成る為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

 

「できないこと」

世の中には意外に多く自分ではどうしてもできないことがあります。それは他人の力をかりても困難なこともあります。

事柄によって、それは本当にどうしようもなく、それだけにとらわれるととても暗い気持ちになります。

 

「できること」

これは自分さえ望めば、それを手にできるチャンスが生まれ、本人の意思だけあれば理想に近づくことが出来きます。

あきらめてしまえば、それまでですが、自分で決められる「できること」はとても素晴らしく

自分で自分を変えられるチャンスだということです。

 

また、自分の問題は「できないこと」だからと思われている人も、今ある問題は本当にできないことですか?

モノの見方や考え方を少し違った目線で見てみると、

もしかしたら今「できない」と思っていることも、「できること」かもしれません。

 

「できる」か「できない」か、それを決めているのは実は自分かもしれません。

笑うということ2016.01.27

笑顔の美しい女性はとても魅力的です。

 

しかし、人はどうして笑うのでしょうか?

 

楽しいとき、気分のよいとき、口角が上がり歯が見えます。

何も考えていません、自然と表れます。

 

では、笑顔のはじまりを考えたことがありますか?

 

純粋に笑う行動は人間のみの行動です。

以前、外国でオオカミに育てられた女の子の話を聞いたことがあります。

人に保護されるまで生きていられたことが奇跡ですが、

その子は立つことはなく、4つ足で動きまわっていたそうです。

 

そして、笑うこともなかったと・・・。

 

笑顔の発生の一説にこうありました。

「争いを避けるため」

動物は縄張り争いや繁殖行動の際、争いが避けられません。

その度ごとに、体が傷つきます。

そのため、動物は少しでも自分から争いを避ける方法を考えます。

その一つが威嚇(いかく)です。

威嚇の際に、動物は歯を見せます。

それにより争いを避けられると知ったからです。

 

これが人の場合、進化していき、コミュニケーションツールとなったのだと・・・。

笑顔は威嚇から形を変え、相手との関係づくりへと変化したようです。

 

笑顔の素敵な女性は美しいと思います。

その笑顔が歯並びを気にして隠しているとしたら・・

 

世の中には自分ではどうにもならないことが多くありますが、

これはその中の自分で何とかなることの一つです。

 

一歩踏み出す勇気はとてもハードルが高いかもしれませんが、

少しのことでハードルが下がることもあります。

 

私は頑張る方を応援します。

喜んでもらえることが、この仕事のやりがいになっています。

その目的のために、いろいろ考え、治療をします。

まずは一歩目からですね。

聖この夜2015.12.02

気付けばもう12月。早いもので、もう2015年も終わろうとしています。
12月になると、街は様々なイルミネーションに彩られます。

昔、自分が小さいときに家のクリスマスツリーを飾るときも、
ピカピカの電飾や小さな飾り付けにワクワクしたものです。

普通に身の回りにあるものは、考えなければ目に入って終わりですが、
ふと考えてみると説明に困ることも多くあります。

クリスマスツリー。
数多くある木の中で伝統的にもみの木です。
なぜかと言うと、もみの木の枝は十字架のように広がっているので
「聖なる緑の木」といわれ、また冬でも葉を落とさないため、
永遠の命の象徴として使われたようです。

また、クリスマスツリーの飾り付けについては、
昔デンマークのある村で、1本の不思議な力を持つ木があり、
願い事があるとリンゴなどをその木につるして祈りを捧げていたという話があるようです。
そしてそのうちに木は神様への捧げ物でいっぱいになり、
現在のクリスマスツリーの始まりとなったと言われています。

そろそろ皆さんもクリスマス通になってきたのではないでしょうか?

最後に私が常々疑問に思っていた「クリスマス・イブ」についての疑問です。
クリスマス・イブはクリスマス当日よりも一般的に色々な催事があったりして
盛大だと思いませんか?
クリスマス・イブは、クリスマスの前夜祭だと思っていました。
前夜祭が盛大なら、当日の夜はもっと盛大になりそうなものなのに・・
なんて思っているのは私だけでしょうか?
そんなちょっとした疑問が調べてみて、ようやくクリアになりました。
それは、もともとキリスト降誕当時のユダヤの暦では、
日が暮れると日付が変わったらしいのです。
ですから25日を降誕の記念日とするなら、24日の日が暮れたらもう当日で、
クリスマス・イブは前夜祭ではなく、まさにクリスマス当日の夜であり、
そのため世界中の教会がこの時間に礼拝を献げるらしいのです。

気づけばこんなにクリスマスについてお話しちゃいました。
一年も早いですが、時間がすぎるのはあっという間ですね。
矯正についてのお話も忘れるくらい・・・。

歯並びの成り立ち2015.10.07

現在の状態には理由があります。夜更かししたから、朝眠い。お酒を飲みすぎたから、二日酔い。歯を磨かないから、虫歯。
「何かのために、何かをすればそれが変化を起こします。」良くも悪くも反映されます。これは歯並びも同じです。

矯正治療を始めると自分の歯並びだけでなく、他のひとの歯並びも気になり出します。
私たち歯科医はテレビを見ていても、歯に目がいってしまいます(これって職業病ですよね・・・)。

初めて矯正治療以外で一般的に多くの人が自分の歯並びに関心を示す時期はというと、乳歯から永久歯に萌え変わる頃だと思います。
人生で一度きりのイベント、乳歯から永久歯への萌え変わりです。
この萌え変わりには沢山のドラマがあり、そして人によって様々な歯並びが作り出されます。
例えば日本人に昔から多いと言われている“八重歯”です。どうして八重歯になってしまうのでしょうか?

乳歯から永久歯への萌え変わりには、ある一定の法則があります。

上あごの歯では、まず、乳歯列の1番奥の歯のそのまた後ろに6歳臼歯(6番目の歯)が萌えてきて、
同じ頃に1番目の前歯が萌え変わります。 その後、側方の歯が前の歯から後ろの方へと萌え変わりが進んでいきます。
ところが・・・、前歯の1、2番目の歯が萌え変わった後、
3番目の歯が萌え変わるかと思いきや、4番目5番目の歯が先に萌え変わるんです!!

そうなると最後に残るのが3番目の犬歯です。そう!あのとがったヤツです。
そのため、あごが小さい方では、3番目の犬歯の並ぶ隙間がなくなり、
最後に萌えてくることとあいまって外側にあおり出され、“八重歯”となってしまうんです。

おもしろいことに、この現象は上あごだけに見られ、下あごでは少ないんです。
ただし、歯の萌え変わる順番は当然個人差もあり、必ずこの通りではありません。
今回は“八重歯”を例にあげましたが他にも患者様ひとりひとりに噛み合わせのドラマがあり、いろいろな歩みがあったと思います。

ただ、矯正治療をされている方はその現状を変える努力をされ、自分で変化を生み出そうとそれているひとです。
「何かのために、何かをすればそれが変化を起こします。」

これまでの歯並びや顔立ちを過去に変えることができるメリットが矯正治療にはあります。
実際、矯正治療を始められた方のほとんどが、過去の自分の歯並びを憶えていません。治療後に自分の元の歯並びをみて驚いています。

ほんの少しの行動で、今の自分を変化させることが可能なんですね。

院長のカルテ

院長のプライベートの出来事や考えていること、
医療に対する想いなどを気ままに書き綴っています。


2017.05.10

餅は餅屋・・・専門とは・・・

先人たちの言葉には、ことわざや迷信、言い伝えなど興味深いものが多くあります。
それは、何かしらの意味で現代でも通ずることがあると思います。

世の中にはいろいろな専門分野があります。
自分たちの職業、単純にサラリーマンやOLといっても、
それぞれの会社に金融や建設などの分野があり、やっている内容は会社ごとに違います。
当たり前の様ですが、これをもう少し小さい視野で見てみても、同じ会社でも部署ごとに更に、分担がなされています。
「これはここの管轄ではないから、他にお願いをして」と言うようなことはよくある話です。

これを広い意味で「専門」と言います。

家電量販店のビックカメラでさえ、テレビ・洗濯機・エアコンなど製品ごとに係の人が決まっており、より詳しい説明が聞けます。
では、「歯科」という分野に置き換えてみましょう。
会社を歯科とするならば、部署が矯正・口腔外科・小児歯科などがそれにあたります。
もしも矯正治療をするならどこですればよいのでしょうか?
近所の歯科医院にはよく看板に一般歯科・小児歯科・歯周病、審美歯科、予防歯科、インプラントなど
様々な表記の中に矯正歯科も当然の様に入っています。

ここで、あれ???っと思ってほしいんです。

矯正治療には大学を出た後に、その習得にかなりの時間をかけて勉強し、技術を身につける必要がある分野であるということを。

もしも、心臓が悪ければ、はじめは総合のクリニックで診てもらったとしても、
しっかり見てもらうためには心臓の専門医に治療してもらうと思います。
お医者さんでも、眼科医に心臓手術は任せませんし、そこは分担、専門分野があるということです。

要するに、矯正治療を専門の歯科医以外に任せて、いい治療が受けられるはずがないということです。

専門のクリニックがあるということは、その分野において、考えていることや費やしている時間、
それにまつわる問題への遭遇とその対処、経験値が全く違うということです。
それを考えると、月に1、2回しか来ないバイトの矯正医も注意が必要です。
よくカウンセリングに来られた方から「クリニックによって言われることが違う」という意見があります。
何が正しいのかわからないと・・・。そんな時は経験を積んだ専門の人に意見を求めるのが正解ですよね。

最後に「裏側矯正治療は矯正の中でも、更に専門性が高い分野であり、専門のクリニックで行うことに間違いがない」ということです。

「なんでも屋」は広く浅く、「専門家」は狭く深くです。

2017.01.06

可不可

為せば成る為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

 

「できないこと」

世の中には意外に多く自分ではどうしてもできないことがあります。それは他人の力をかりても困難なこともあります。

事柄によって、それは本当にどうしようもなく、それだけにとらわれるととても暗い気持ちになります。

 

「できること」

これは自分さえ望めば、それを手にできるチャンスが生まれ、本人の意思だけあれば理想に近づくことが出来きます。

あきらめてしまえば、それまでですが、自分で決められる「できること」はとても素晴らしく

自分で自分を変えられるチャンスだということです。

 

また、自分の問題は「できないこと」だからと思われている人も、今ある問題は本当にできないことですか?

モノの見方や考え方を少し違った目線で見てみると、

もしかしたら今「できない」と思っていることも、「できること」かもしれません。

 

「できる」か「できない」か、それを決めているのは実は自分かもしれません。

2016.01.27

笑うということ

笑顔の美しい女性はとても魅力的です。

 

しかし、人はどうして笑うのでしょうか?

 

楽しいとき、気分のよいとき、口角が上がり歯が見えます。

何も考えていません、自然と表れます。

 

では、笑顔のはじまりを考えたことがありますか?

 

純粋に笑う行動は人間のみの行動です。

以前、外国でオオカミに育てられた女の子の話を聞いたことがあります。

人に保護されるまで生きていられたことが奇跡ですが、

その子は立つことはなく、4つ足で動きまわっていたそうです。

 

そして、笑うこともなかったと・・・。

 

笑顔の発生の一説にこうありました。

「争いを避けるため」

動物は縄張り争いや繁殖行動の際、争いが避けられません。

その度ごとに、体が傷つきます。

そのため、動物は少しでも自分から争いを避ける方法を考えます。

その一つが威嚇(いかく)です。

威嚇の際に、動物は歯を見せます。

それにより争いを避けられると知ったからです。

 

これが人の場合、進化していき、コミュニケーションツールとなったのだと・・・。

笑顔は威嚇から形を変え、相手との関係づくりへと変化したようです。

 

笑顔の素敵な女性は美しいと思います。

その笑顔が歯並びを気にして隠しているとしたら・・

 

世の中には自分ではどうにもならないことが多くありますが、

これはその中の自分で何とかなることの一つです。

 

一歩踏み出す勇気はとてもハードルが高いかもしれませんが、

少しのことでハードルが下がることもあります。

 

私は頑張る方を応援します。

喜んでもらえることが、この仕事のやりがいになっています。

その目的のために、いろいろ考え、治療をします。

まずは一歩目からですね。

2015.12.02

聖この夜

気付けばもう12月。早いもので、もう2015年も終わろうとしています。
12月になると、街は様々なイルミネーションに彩られます。

昔、自分が小さいときに家のクリスマスツリーを飾るときも、
ピカピカの電飾や小さな飾り付けにワクワクしたものです。

普通に身の回りにあるものは、考えなければ目に入って終わりですが、
ふと考えてみると説明に困ることも多くあります。

クリスマスツリー。
数多くある木の中で伝統的にもみの木です。
なぜかと言うと、もみの木の枝は十字架のように広がっているので
「聖なる緑の木」といわれ、また冬でも葉を落とさないため、
永遠の命の象徴として使われたようです。

また、クリスマスツリーの飾り付けについては、
昔デンマークのある村で、1本の不思議な力を持つ木があり、
願い事があるとリンゴなどをその木につるして祈りを捧げていたという話があるようです。
そしてそのうちに木は神様への捧げ物でいっぱいになり、
現在のクリスマスツリーの始まりとなったと言われています。

そろそろ皆さんもクリスマス通になってきたのではないでしょうか?

最後に私が常々疑問に思っていた「クリスマス・イブ」についての疑問です。
クリスマス・イブはクリスマス当日よりも一般的に色々な催事があったりして
盛大だと思いませんか?
クリスマス・イブは、クリスマスの前夜祭だと思っていました。
前夜祭が盛大なら、当日の夜はもっと盛大になりそうなものなのに・・
なんて思っているのは私だけでしょうか?
そんなちょっとした疑問が調べてみて、ようやくクリアになりました。
それは、もともとキリスト降誕当時のユダヤの暦では、
日が暮れると日付が変わったらしいのです。
ですから25日を降誕の記念日とするなら、24日の日が暮れたらもう当日で、
クリスマス・イブは前夜祭ではなく、まさにクリスマス当日の夜であり、
そのため世界中の教会がこの時間に礼拝を献げるらしいのです。

気づけばこんなにクリスマスについてお話しちゃいました。
一年も早いですが、時間がすぎるのはあっという間ですね。
矯正についてのお話も忘れるくらい・・・。

2015.10.07

歯並びの成り立ち

現在の状態には理由があります。夜更かししたから、朝眠い。お酒を飲みすぎたから、二日酔い。歯を磨かないから、虫歯。
「何かのために、何かをすればそれが変化を起こします。」良くも悪くも反映されます。これは歯並びも同じです。

矯正治療を始めると自分の歯並びだけでなく、他のひとの歯並びも気になり出します。
私たち歯科医はテレビを見ていても、歯に目がいってしまいます(これって職業病ですよね・・・)。

初めて矯正治療以外で一般的に多くの人が自分の歯並びに関心を示す時期はというと、乳歯から永久歯に萌え変わる頃だと思います。
人生で一度きりのイベント、乳歯から永久歯への萌え変わりです。
この萌え変わりには沢山のドラマがあり、そして人によって様々な歯並びが作り出されます。
例えば日本人に昔から多いと言われている“八重歯”です。どうして八重歯になってしまうのでしょうか?

乳歯から永久歯への萌え変わりには、ある一定の法則があります。

上あごの歯では、まず、乳歯列の1番奥の歯のそのまた後ろに6歳臼歯(6番目の歯)が萌えてきて、
同じ頃に1番目の前歯が萌え変わります。 その後、側方の歯が前の歯から後ろの方へと萌え変わりが進んでいきます。
ところが・・・、前歯の1、2番目の歯が萌え変わった後、
3番目の歯が萌え変わるかと思いきや、4番目5番目の歯が先に萌え変わるんです!!

そうなると最後に残るのが3番目の犬歯です。そう!あのとがったヤツです。
そのため、あごが小さい方では、3番目の犬歯の並ぶ隙間がなくなり、
最後に萌えてくることとあいまって外側にあおり出され、“八重歯”となってしまうんです。

おもしろいことに、この現象は上あごだけに見られ、下あごでは少ないんです。
ただし、歯の萌え変わる順番は当然個人差もあり、必ずこの通りではありません。
今回は“八重歯”を例にあげましたが他にも患者様ひとりひとりに噛み合わせのドラマがあり、いろいろな歩みがあったと思います。

ただ、矯正治療をされている方はその現状を変える努力をされ、自分で変化を生み出そうとそれているひとです。
「何かのために、何かをすればそれが変化を起こします。」

これまでの歯並びや顔立ちを過去に変えることができるメリットが矯正治療にはあります。
実際、矯正治療を始められた方のほとんどが、過去の自分の歯並びを憶えていません。治療後に自分の元の歯並びをみて驚いています。

ほんの少しの行動で、今の自分を変化させることが可能なんですね。